みかんダイエットを実践してやせましょう!

みかんの内皮も食べる

食事によるダイエット方法にはさまざまなものがありますが、おすすめするのはみかんダイエットです。日ごろからみかんを食べることで体重を落とすことができるのです。ただし、みかんを食べるときにはみかんの内皮を一緒に食べるのがダイエット成功への鍵です。つまり、みかんの内皮を剥かないということです。みかんの内皮をむいて果肉だけを食べる人がいますが、ダイエット効果を著しく低下させてしまいます。なぜなら、糖質燃焼作用を持つペクチンはこの内皮に含有されているからです。そのため、必ず内皮を剥かずに一緒に食べることです。たしかに、みかんの内皮を剥いた方が食べやすいですが、有効成分も剥ぎ取ってしまうことになるので、くれぐれも避けることです。ちなみに、そうした理由から、内皮が剥かれた缶詰のみかんを食べるのは、ダイエットには不適切です。皮が硬くても我慢して食べることです。

注意しないといけないこともある

みかんの食べ過ぎや食事の置き換えはNGです。みかんがダイエットに適しているからといって、たくさん食べることは禁物です。そのように考えることは理解できることですが、それは本末転倒です。むしろ、肥満になってしまう可能性があります。1日に最適な量は3個までです。朝昼晩の食事の前に1個ずつ食べるだけで構いません。また、みかんを食事に置き換えるということもするべきではありません。みかんは酵素ドリンクではありません。みかんだけを摂取する生活を送っていると、人間の活動の上で必要な栄養素を摂取することができません。したがって、体調不良になってしまいます。体重が落ちたとしても、それは痩せたからではなくやつれたからです。過剰摂取と食事の置き換えはNGです。

ダイエットクリニックは、専門家が痩身・栄養管理等を行っている場合が多く、無理の無いスピードで健康的に痩せる事が可能です。