不要な体毛はこうやって取り除く!肌を労わる脱毛を行うための工夫

自己処理脱毛の弊害と対処法について

無駄な体毛を人為的に取り除く脱毛は毛抜きやカミソリなどで手軽に実行出来ることから、手が届く範囲であれば自己処理で済ませるケースが多数を占めます。特に顔の産毛や脇毛など、頻繁に処理を行う部位については時間や金銭の節約のため、自己処理で済ませる傾向があります。その一方で自己処理脱毛はスキンケアを怠ってしまうことが多く、肌質によっては炎症や肌荒れなどの不具合に見舞われてしまいます。過度の脱毛は出血や埋没毛など重大なトラブルに発展してしまうので、無駄毛を取り除いた後のスキンケアは不可欠です。また、脱毛に使う道具類も常に清潔な状態を保ち、毛穴に汚れが入り込まないように注意するのが綺麗な仕上がりに繋がります。

肌を傷めずに無駄毛を取り除くための工夫

自己処理脱毛はエステサロンなどで行う脱毛と異なり、肌への負担が大きく仕上がりも粗雑になりやすい傾向があります。体毛は毛根の形状や生える部位によって毛質が異なるので、画一的な自己処理では綺麗に仕上げるのが難しくなります。また、力任せに脱毛を行うことで肌を傷めてしまうのも自己処理に多く見られる問題です。

肌を傷めずに脱毛を行うためには部位ごとの毛質を正しく理解し、丁寧に処理するのが最も効果的です。また、無駄毛を除去した後は必ずスキンケアを行い、刺激を緩和させることで肌トラブルを避けることが出来ます。脱毛を行う際は肌の色素沈着や角質化を防ぐため、過度の刺激を与えずに少しずつ処理を進めることを心がけます。毛穴に汚れが入り込まないように、入念に汚れを洗い流した後で処理するのも効果的な方法です。

脚の脱毛を行うことによって、短パンやスカートなど、脚が見えるファッションも気軽に楽しむことができるようになります。