肥満外来ではどんな治療をする?薬には何があるの?

食欲を抑制してくれる薬を服用する

太る原因は、消費するカロリー以上のカロリーの摂取でしょう。消費は日常活動や運動などで行われます。カロリーの摂取は食事で行います。それらのバランスがとれていれば、太り過ぎなどにはならないでしょう。今は肥満外来と呼ばれる病院のサービスがあります。ダイエットはこれまでは個々人が独自にするほか、エステサロンやスポーツクラブなどのサービスを利用するしかありませんでした。病院であれば、医学的なサービスが受けられます。この時に処方される薬として、食欲を抑えてくれるものがあります。これを利用すれば、摂取するカロリーが抑えられます。運動が苦手であったりあまり運動ができない人は過剰なカロリーを減らす方法をとらないといけません。

消化吸収を抑える薬で脂肪をつけない

狩猟をして食料を得ていたときは、いつ食料が得られるかわかりません。そこで、体の機能としてエネルギーをため込む能力があります。それが体の脂肪になります。数日食事ができなくても、脂肪がついていれば生きられるでしょ。ただ、今は日々食事ができます。無駄に食べるとどんどん脂肪がつき、肥満の状態になってしまいます。肥満外来の治療を受けると、病院で薬の処方をしてもらえます。消化吸収を抑えるタイプの薬があり、これによって新たに脂肪を付くのを抑えてくれます。新たに付かなければ、これまでついていた脂肪の燃焼ができ、徐々に解消される可能性があります。ただ、薬を飲み続けないと効果はありません。自分でもコントロールする必要があるでしょう。

専門医師指導のもとダイエットできるのが肥満外来になります。患者への検査や助言だけではなく、医療行為なので治療薬の処方も可能なのが特徴です。