それぞれの方法の特徴を知ってから選んで!頬に丸みを出したい人向けの美容整形!

あえて顔をふっくらさせることの意味は?

子供の頃や若い頃は頬に適度なふくらみがあって、顔を愛らしく見せていますよね。でも、顔の老化が進行するとともに頬も痩せこけていくんですよ。頬がパンパンになっていると顔が大きく見えたり太ったような印象を与えてしまうので、少しでも小顔に痩せたい人にとっては、美容医療を受けてまで頬をふっくらさせたいと思っている人がいることを不思議に感じるかもしれません。でも、ほどよく頬にハリとふくよかさがないと疲れている印象を持たれたり、年齢を感じさせることが多いんです。目の下の部分にヒアルロン酸や自分の脂肪などを注入することで、人形のような形の整った頬に変身できますよ。肌がたるんだことで顔のパーツの位置がずれて間延びした顔になった人や、頬骨が浮き出てやつれたような顔になった人にもおすすめです。

ヒアルロン酸や脂肪など顔になじみやすい成分で

ヒアルロン酸を頬に入れる時には、吸収性の低いタイプの薬剤を使っているクリニックで施術をしてもらえば1年以上はふっくらした頬のままで過ごせるでしょう。顔の皮膚はデリケートなので注射をすることが心配な人もいますよね。ドクターが顔に内出血が残らないように注意深く施術してくれるので大丈夫です。微調整も簡単なので、頬の形成によく使われています。自然な柔らかさでアレルギーの心配がない方がいいなら、自分の腹部などについている余分な脂肪を注入してもらう方法もありますよ。何度も再注入するのが面倒な人は、目の下に頬用のプロテーゼを挿入する手術を受ける事もあるようです。

小陰唇の形や大きさが気になる方は、小陰唇縮小術を行うことで余分な部位の形状を綺麗に整えることができます。